家飲み

カナダドライ・ジンジャエール新製品を勝手にレビュー

今回はCMで話題のカナダドライ・ジンジャエールの率直な感想を書いていこうと思います。
そしてお酒と合うかなど、家飲みをされる方の参考になればと思います。

 

リニューアルしたカナダドライ


今回レビューしていくのは
リニューアルした「ジンジャエール(左)」と、
新製品の「ジンジャエール・プラス(右)」

まずリニューアルしたジンジャエールの方は公式サイトによると

新たにジンジャーエキスをブレンド。甘さ控えめのおいしさ、スッキリとした後味はそのままに、さらに進化したドライな刺激  参考:日本コカ・コーラ株式会社

続いて、新製品の「ジンジャエール・プラス」

食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させ、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにすること」が報告されています。本品は、脂肪の多い食事をとりがちな方、食後の血中中性脂肪の上昇が高めで気になる方に適した飲料

 

なるほど。
ジンジャエール・プラスはトクホ的な?今流行りの健康志向な飲み物なのね!
公式サイトにもありますが、カナダドライ・ジンジャエールは100mlあたり36kカロリー(ちなみに同社製品のコカコーラは100mlあたり45kカロリー)なのに対して、プラスの方は0kカロリー!
これで美味しければ最高やーん!

 

 

個人的なレビュー


まずは氷も何も入れずそのままグラスに注ぎ、飲み比べてみました。
気のせいか、プラスの方の泡立ちがスゴイ。。

飲んでみた感想は、ジンジャエールの方は公式サイトにもあった通りドライでキリッとした味わいで普通に美味しい!
対し、気になるプラスの方は、、、

え、美味しい!想像超えてきた!!なんなら普通のジンジャエールの方より風味がある!
後味は0kカロリーの飲み物特有の味わいではありますが、勝るとも劣らず美味しいです。

 

 

お酒に合うか?


今回はジンジャエールの味や風味を感じたいので、クセのないウォッカと割って、モスコミュールというカクテルにして比較しようと思います。

氷は一般家庭の製氷機のこんな感じのやつ使いますね~

モスコミュールには欠かせないライムを8分の1カットで作っていきます。(家飲みでは贅沢なー)

(写真は4分の1カット。さらに半分にします)

 

さて、出来たし飲むかあ
むむっ!!!!!


ん、ん~、、
正直モスコミュールにするには、かなりぼやけた味。。。
カナダドライは他のジンジャエールに比べると味が少し弱いと言われていて、そりゃ無味のウォッカと合うわけがない。
さらに!一般家庭の冷蔵庫備え付けの製氷機から作られる氷はすぐに溶けてしまいます。なのでそういう氷を使うと、よりシャバシャバな味になるかも。

もしご家庭でカクテルに使うなら、味の強いリキュールと割ったり、風味付け程度に使うならいいかもしれません。

 

 

最後に


公式サイトによると、カナダドライ創設者はフランスのシャンパンに惹かれ、長年の研究の末「アルコールの入っていないシャンパン」として、カナダドライを開発したそうです。

たしかに他のジンジャエールと比べ、甘さが控えられキリッとした上品な味わい。
よく結婚式やお祝い事、パーティーの際にシャンパンのノンアルコール代用としてジンジャエールをお出ししますが、そういう使い方にはうってつけのジンジャエールの銘柄だと感じました。

シャンパンのように、氷も入れず他の物とも混ぜたりせずに、本来の味を楽しむのにはおススメです。

 

立花 勇人

立花 勇人

投稿者の記事一覧

当サイト管理人。
某有名ジャズクラブで働いた後、飲み歩いていたバーでスカウトされ、色んなバーで働く。
ジャズクラブで培ってきたカッチリした接客とはまた違う接客に、軽いカルチャーショックを受けながら様々な接客スタイルを学ぶ。
その後はバー・クラブ・企業のイベントブース等、個人でまわる。

関連記事

  1. 自宅でバー気分!ジンを使った簡単で美味しいカクテルと作り方
  2. 家飲みで美味しいカクテルを作るための究極奥義(分量編)
  3. リニューアルしたエナジードリンク「RAIZIN」の個人的感想
  4. あのレッドブルを生んだ日本の栄養ドリンク。カクテルに使ってみた
  5. 自宅でバー気分!ウォッカを使った美味しいカクテルと作り方

Twitter

Facebook

PAGE TOP