家飲み

自宅でバー気分!ウォッカを使った美味しいカクテルと作り方

自宅で美味しいお酒を作りたい!
けど材料や道具をあれこれ揃えないと大変そう。。
そして難しそうなカクテルの名前。。

 

ということで、今回はそんな方に向けた記事です。
道具も材料も必要最低限!超低予算でさほど労力も必要ない、
お酒とソフトドリンクを混ぜるだけ!で出来ちゃう美味しいカクテルを紹介します。

 

今回は入門編ともいうべきお酒、
ウォッカをベースにしたカクテルです。
基本ウォッカをソフトドリンクで割ったカクテルを紹介するのですが、
それだけでは物足りない、こだわりたい人のために「こだわりメモ(ネーミングがダサいw)」なるものをカクテルごとに書いてみました。

ぜひお家デートや友達が遊びに来たときにカッコよくカクテル名でお出しして、来客時のおもてなしや一人飲みの参考になれればと思います。

 

炭酸系

モスコミュール

Sarah Aaronさん(@sarah.aaron2)が投稿した写真


割りもの:ジンジャエール
特徴:バーでも老若男女から愛されている定番カクテル。シンプルながら、スッキリさと甘さがとても絶妙なハーモニー。

こだわりメモ:ライムを絞るとバーの味に近づきます。好みによってジンジャエールを辛口に変えて、また違った味わいを楽しんでみるのもおススメ。
標準的なモスコミュールのレシピではないですが、ミントを数枚入れると見ためもよく、写真映えしますよー。

 

ルシアンコーク

Tsukasa Kataokaさん(@tsukasucks)が投稿した写真


割りもの:コーラ
特徴:こちらもよく飲まれているカクテルですが、「ルシアンコーク」と言うより、「ウォッカ・コーク」とそのままの名前の方が馴染みがありますよね。
こだわりメモ:レモンを絞るとバーの味に近づきます。キンキンに冷えたビンのコーラで作ると、も~たまらなくヤミツキになるかも。笑

 

ウォッカ・トニック

Andrea Giacomelliさん(@andrea_giaco)が投稿した写真


割りもの:トニックウォーター
特徴:お酒初心者の登竜門的なカクテルとして大人気。一周まわってまたウォッカ・トニックに戻って来る方も多い、初心者から上級者まで幅広く愛されているカクテル。
こだわりメモ:ライムを絞るとさらに美味しいです。

 

ウォッカ・リッキー

Keiko Horieさん(@keikei_pon)が投稿した写真


割りもの:ソーダ
特徴:甘いカクテルが苦手で、爽快でキリッとしたカクテルが好きな人におススメ。中級~上級者向け。
こだわりメモ:ライムを絞って、マドラー(無ければストローでも可)で潰しながら好みの味に変えていくのがバーでは一般的です。豪快に混ぜすぎて、炭酸を逃がさないことに注意。

 

フルーツジュース系

スクリュードライバー

Loriさん(@thashhha)が投稿した写真


割りもの:オレンジジュース
特徴:とても飲みやすいカクテル。その飲みやすさからか、女性を酔わせるカクテル「レディーキラー・カクテル」としてネット上で有名になってます。この「飲みやすい=レディーキラー」という、いかにもまとめサイトっぽい真意の疑わしい単純な方程式について色々思うことはありますが、また別の機会に。

こだわりメモ:オレンジジュースはトロピカーナやDoleなど果汁100%の酸味が少し効いたものを使うとより美味しく頂けます。

 

ビッグアップル

割りもの:リンゴジュース
特徴:あまり名前が浸透していないカクテル。ですが、かなり飲みやすいサッパリしたカクテル。ちなみに「ビッグアップル」とはニューヨークの愛称。
こだわりメモ:これもやっぱり100%のリンゴジュースを使うといいですね。

 

ブルドッグ

割りもの:グレープフルーツジュース
特徴:グラスのふちに塩をつけるとソルティドッグという名前のカクテルに変わります。

こだわりメモ:氷が溶けてくると水っぽくボヤけた味になりやすいので、薄まってきたとご自身が感じるタイミングでレモンを絞ったり塩をつまんで酸味を加えると美味しく頂けるかと。
なによりも美味しく作るポイントは、いっぺんに多く作らず、少量ずつ作るといいかも。

 

ケープコッダー

Eddieさん(@its_eddie03)がシェアした投稿

割りもの:クランベリージュース
特徴:日本ではあまり馴染みのないカクテル。
これは僕の経験則からの勝手なイメージですが、体に気を使ってる一定の業種の方に頻繁に頼まれるのは気のせい?ですかね。。

こだわりメモ:カクテルブックに載っているのは、ウォッカ45ml・クランベリー45mlをシェークしてオールドファッションドグラスに注ぐとありますが、シェーカーを使わなくても美味しくいただけます。グラスも普通のタンブラーで大丈夫です。
ライムを絞る方も結構いるみたいなのでお好みで。

 

その他

ブラッディメアリー

The Abbey Food & Barさん(@theabbeyweho)がシェアした投稿


割りもの:トマトジュース
特徴:お酒初心者から上級者まで、熱烈な愛好家が多いカクテル。バーによって作り方も副材料も違ったりするので、色々なお店に飲みに行ってお気に入りの一杯を見つけるのが面白いカクテル。

こだわりメモ:バーでは塩コショウ、タバスコ、ウスターソースなどを副材料としてよく使われていますが、自分だけのお気に入りの副材料を見つけるのも面白いかも。
ちなみに筆者は市販のトマトジュースではなく、生のトマトをミキサーにかけて色々混ぜ込んで自家製トマトジュースを用いてブラッディメアリーを作ってみたことがあるのですが、絶対やめた方がいいです。。市販のトマトジュースは神です。

 

エナジー・ウォッカ

Portofino Wine Bankさん(@portofinowine)がシェアした投稿


割りもの:エナジードリンク
特徴:若年層から絶大な支持を得ている、パーティーシーンには欠かせないカクテル。
一番有名なのはレッドブルを使ったレッドブル・ウォッカですが、お店やイベントブースによって協賛の兼ね合いもあるので、レッドブルではないエナジードリンクを扱っているお店で、「レッドブル・ウォッカください」と言うと煙たがられる可能性もあります。
もしかしたらエナジー・ウォッカと頼むのが無難かもしれません。
こだわりメモ:レモンを絞るとさらに美味しい。

 

最後に

ウォッカは他のお酒と比べると、無味無臭でクセのない味わい。
そんな特徴から、普段あまりお酒を飲まれない方も挑戦しやすいのでおススメです。
比較的どんなソフトドリンクやジュースにも合い、柔軟に味の変化を楽しめるお酒なので、
自宅にウォッカを一本置いておけば、急な来客時もけっこう無敵かなーと個人的に思います。

ご自宅に放置状態のインテリア化してしまっているウォッカがあったら、ぜひ試してみてください。

 

立花 勇人

立花 勇人

投稿者の記事一覧

当サイト管理人。
某有名ジャズクラブで働いた後、飲み歩いていたバーでスカウトされ、色んなバーで働く。
ジャズクラブで培ってきたカッチリした接客とはまた違う接客に、軽いカルチャーショックを受けながら様々な接客スタイルを学ぶ。
その後はバー・クラブ・企業のイベントブース等、個人でまわる。

関連記事

  1. あのレッドブルを生んだ日本の栄養ドリンク。カクテルに使ってみた
  2. 家飲みで美味しいカクテルを作るための究極奥義(分量編)
  3. カナダドライ・ジンジャエール新製品を勝手にレビュー
  4. 自宅でバー気分!ジンを使った簡単で美味しいカクテルと作り方

Twitter

Facebook

PAGE TOP